賃貸物件の契約期間に注目!

賃貸における契約期間の意味とは

マンションやアパートなどの賃貸契約では、契約期間というものが設けられており、一般的には2年契約という場合が多いと言えるでしょう。この契約期間というのは、その期間内は借主が部屋に住むことを保証するという意味のものであり、例えば、2年契約であるなら2年間は住んでいいという意味になります。もし、この契約期間がなければ、家主側の一方的な都合で、明日までに出て行って欲しいといった要求を借主側に行う場合も有り得ると言えます。契約期間というのは、そうした理不尽な状況が起こるのを防ぐためにあると言えるわけです。そして、契約期間終了時に契約の更新が行われれば、借主は再び、定められた期間内その部屋に住むことが出来るようになります。

契約期間内に退去すると違約金が発生するのか

契約期間で気になるのは、その期間内に退去を行うと違約金などが発生するのかどうかということです。携帯電話などでは、契約期間内に契約を解除すると違約金が発生するのが一般的なので、賃貸の場合はどうなっているのか気になるという人も多いでしょう。しかし、賃貸契約の場合は、特別なケースを除くと、通常は契約期間内に退去しても違約金を支払う必要はありません。特別なケースというのは、契約書に違約金が発生することが記載されている場合であり、このケースでは違約金を支払わなければならないので注意が必要です。また、契約期間とは別に、退去を知らせる時期は一般的に1ヵ月前までと契約で決まっているため、退去する際はその期限を守るようにしましょう。

© Copyright Nice Apartment For Lease. All Rights Reserved.