賃貸物件の契約!掛かる費用とは?

敷金と礼金の意味と相場

賃貸物件の部屋などを借りる際は初期費用が必要になりますが、その中でもよく知られているのは敷金と礼金でしょう。敷金は、万が一の家賃の滞納や、退去時の原状回復に充てられるお金であり、家賃の1~2ヵ月分が相場です。そして、敷金は保証金の意味合いがあるものなので、特に問題がなければ退去時に返してもらうことが出来ます。次に、礼金は部屋を貸してくれる家主に対するお礼の意味で渡すお金であり、こちらも家賃の1~2ヵ月分が相場だと言えるでしょう。また、最近では敷金と礼金がゼロという物件もあり、初期費用を軽減したい場合に便利です。しかし、敷金と礼金がゼロという物件は、退去時に原状回復費を請求されることが多いため、契約時にその点の確認が必要になるでしょう。

前家賃と仲介手数料、火災保険料について

敷金と礼金以外に必要になる初期費用としては、前家賃や仲介手数料、そして、火災保険料が挙げられます。前家賃は、入居する月に発生する家賃を前払いするものであり、月の最初から入居する場合は1ヵ月分、月の途中から入居する場合は日割りした家賃を支払う必要があります。また、家賃の支払いは、入居後も1ヵ月分を前払いするのが基本になるでしょう。次に、仲介手数料は物件を紹介してくれた不動産屋へ支払う手数料であり、家賃の0.5~1ヵ月分が目安になります。さらに、火災保険料は火災等に備えた損害保険であり、不動産屋に紹介された保険会社へ加入する必要があります。相場は一人暮らしで1.5万円程度、二人暮らしや家族の場合で2万円程度だと言えるでしょう。

© Copyright Nice Apartment For Lease. All Rights Reserved.